^


終活に関するご相談を受け付けています

 「しらかみ終活相談所」では、皆様からの終活に関する相談を総合的に受け付けています。そばに身寄りがいなくて老後が心配だという方、認知症になっても家族には迷惑を掛けたくないという方、相続が心配だという方、遺言書はどう書いたらいいのかという方など、どうぞご連絡ください。さらに家庭裁判所の任命による成年後見人の引受けや、認知症へのそなえや「親なきあと」の悩みに応える家族信託の受付なども行っており、きっと皆さんのお役に立てると思います。初回相談は無料で受け付けています。どうぞお気軽にお問合せください。

●ご相談・お問合せは、こちらのページをご覧ください。

    ── お知らせ ──

  • 能代市北包括支援センターでのセミナーは10月15日になりました。いつもご苦労されているケアマネージャーさんの助けになるようなセミナーになるよう、準備を進めています。
  • 私の終活ノート販売
    昨年出版した「私の終活ノート」(冊子)を販売しています。終活に関連するであろうと思われる項目を、12章66ページにまとめた参考書のような作りになっています。また、各章に読者の記入欄があり、冊子の内容を参考に記入していくと、エンディングノートにもなります。
    現在アマゾンで1,980円で販売していますので、下記URLから詳細をご覧いただき、是非皆さまの終活にお役立てください。
    ※これまでのセミナー会場で購入いただいた参加者からも好評をいただいています。
    ★amazonショップへ
  • 中央寿大学セミナー
    9月16日、能代市文化会館中ホールを会場に開催したセミナーが終了しました。参加者は100名あまりで、「元気なうちに終活を考える」というテーマで、前半では行政書士の戎屋が終活で必要なことを解説。後半はファイナンシャルプランナーの藏本が家族信託について、動画を見ていただきながら、基本的な仕組みを解説しました。当相談所では民事信託(家族信託)という制度の周知に力を入れていますが、まだまだこの活動を継続していきます。
  • 相談内容集計公表
    本年7月までのしらかみ終活相談所の相談受付状況及び対応状況を集計し公開いたしました。また、この間の相談内容や相談者の状況などについて、相談員が相談者にお伝えしたい項目を3項目付記しています。今後の相談者の皆さまに、是非参考にしていただきたいと思います。特に認知症への対策は介護や成年後見制度に加え、元気なうちに予め準備しておく「家族信託」という制度もあります、耳馴染みの無い方が多いと思いますが、どうぞご相談してみてください。
  • ●問合せフォームをご利用いただけます。>>コチラ

しらかみ終活相談所の特徴


 当相談所の相談員は司法書士、行政書士、ファイナンシャルプランナー、土地家屋調査士、税理士などの各分野の専門家が担当いたします。また、建設業者、産業廃棄物業者、葬祭業者など各業者との連携・協力体制が整っているため、ワンストップ型相談所として自治体の福祉課や包括支援センター、総合病院などからの相談にも応じている点も特徴として挙げられます。


 さらに前述のように、家庭裁判所で選任される成年後見人の受任をはじめ、高齢者の認知症対策や障がいのある子を持つ親の高齢化の問題解決などを行う専門家、民事信託コーディネーター®(※)が信託契約の相談に応じるなど、東北地方では数少ない総合相談所となっています。皆さんの相談事に丁寧に応対していますので、どうぞお気軽にご相談ください。なお、相談料についてはこちらをご覧ください
※民事信託コーディネーター®:民事信託普及協会およびしらかみ終活相談所が共同で付与する民事信託の専門家資格です

  • 相談所営業時間:平日10:00~15:00 (相談所面談は月・水曜日)
  • テレワークを実施していますので、電話を頂いた場合、直接相談者に繋がる場合があります。