^


終活の作業


 私たちの多くは、50歳代半ばころには子育てを終え、子どもの自立と結婚、孫の誕生と、楽しいセカンドライフを過ごしながら、60代、70代、80代と老齢に向かって生きていきます。そして少しずつ自分のこれからの状況を想い、体調を崩したときや判断力が乏しくなった時、そして最期を迎えた時にそなえ、どのような準備をしておくべきかを考えるようになります。また、自分の家族がこれからも争うことなく幸せに暮らして欲しいと願うときもあるでしょう。

 終活は、本人の考え方(ライフスタイル)があり、それぞれの家庭の事情もありますので、これといった定まった形があるわけではありません。一般的に言えば、「承継するもの」と「処分するもの」を区分けして手当てをして、そして自分のいざという時の前後に助けてくれる家族のために「お願いしておくべき事」を書き残しておく作業だと考えることができます。



終活に関するご相談を受け付けています


 「しらかみ終活相談所」では、皆様からの終活に関する相談をお受けし、悩み解決作業を行っています。また、家庭裁判所の任命による成年後見人の引受けを行うとともに、高齢者や障がいのある子のいる親からのご相談(「親なきあと」問題)などに丁寧にお応えし、福祉型信託のスキーム組成も行っています。初回相談は無料で受け付けています。どうぞお気軽にお問合せください。


    ── お知らせ ──

  • 令和3年1月1日より、以前のURLから新しいURLに生まれ変わりました。また、オフィスも新しい所在地になり、これに伴い営業日は毎週月、水、金曜日から平日10:00から15:00となりました。また、連絡を頂ければ訪問相談も行います。引き続きよろしくお願いいたします。
  • 「自分らしく生きるための終活講座」の第2回は終了しました。次回は同会場で2月2日10時から開催します。
    知っ得講座チラシ
  • 空き家対策は早めに
  • 空き家は痛みが少ない場合は、売却や貸家にしたり、または、リフォーム後に企業向けの保養所などにすることなどが可能です。または解体する場合もあります。いずれの場合も、家財や仏壇のの処分なども併せてご相談に応じています。

  • 福祉型信託が身近な制度になりました。
  • 親が高齢になってくると、ご自分の健康状態が不安になりますが、もし、引きこもりのお子さんや、障がいのあるお子さんがいらっしゃった場合などには、お子さんの将来がとても心配になります。こんな方に福祉型信託が役に立ちます。

  • エンディングノートは家族への手紙
  • エンディングノートは、生前、あなたの判断力が低下した時や介護が必要になったとき、そして万一のときに家族に勇気を与え、迷うことなく家族が行動できるように残すものです。家族への応援メッセージと考え少しずつ始めましょう。

  • 相続対策は多くの方に必要な作業
  • 相続財産が少ないケースで家族同士が争うことが少なくありません。相続対策は決して他人事ではありません。一旦こじれてしまった家族関係は次の世代へも影響があり、その修復は大変です。相続対策の専門家がご相談に応じます。

  • 遺言書
  • 家族が離れて暮らすことが多くなり、それぞれの家庭事情やライフスタイルが異なることが原因で、遺言書の必要性が高まっています。財産分与を口約束だけで済ますことは避けましょう。是非ご相談ください。

  • 生前契約という仕組み
  • そばに家族や親族がいない場合は、定期的に見守る人が必要なほか、入院、入所の手続きをする人も必要です。また、亡くなったとき、遠く離れて暮らす家族に代わって、葬儀の手配や家族親族・友人等への連絡、死後の各種届出手続きを代行する人も必要です。生前契約で備えることができます。

◆しらかみ終活相談所のリーフレットはコチラからダウンロードできます。
◆福祉型信託の案内リーフレットはコチラからダウンロードできます。

★ 相談所営業時間:平日10:00~15:00 テレワークの場合があります★



業務連携

当相談所は、行政書士、ファイナンシャルプランナーが専任相談員となって相談に応じています。ほかに、弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士など各方面の専門家と連携して作業を行っております。皆さまが安心して安全に暮らせるよう的確なアドバイスを行いますので、終活に限らずさまざまなご相談をお気軽にお寄せください。

当相談所相談員