^


終活に関するご相談を受け付けています

 「しらかみ終活相談所」では、皆様からの終活に関する相談を総合的に受け付けています。そばに身寄りがいなくて老後が心配だという方、認知症になっても家族には迷惑を掛けたくないという方、相続が心配だという方、遺言書はどう書いたらいいのかという方など、どうぞご連絡ください。さらに家庭裁判所の任命による成年後見人の引受けや、認知症へのそなえや「親なきあと」の悩みに応える家族信託の受付なども行っており、きっと皆さんのお役に立てると思います。初回相談は無料で受け付けています。どうぞお気軽にお問合せください。

●ご相談・お問合せは、こちらのページをご覧ください。

    ── お知らせ ──

  • 市民おもしろ塾講習会開催

    12月4日、能代文化会館2階で「市民おもしろ塾」主催の講習会で講師を務めます。講演タイトルは『まだ間に合う 自分と家族の老後準備』。サブタイトルは《身寄りなき老後、認知症と家族信託》としました。 この塾は結構長期間継続している団体で、私の講習が106回目になるそうです。

    最近当相談所に持ち込まれる相談事には、身寄りがいない高齢者、もしくは子どもがいても遠方で暮らしていて、そばに来ることが無いという方からのものが多くなっています。入院先でも誰も見舞いに来ない。欲しいものがあったら看護師さんにお願いして買ってきてもらう。この先どうなるのか、死んだときはどうなるのだろうと、深刻に悩んでいらっしゃる方が増えています。今回はこういう方々に安心と笑顔を届けたいと思います。

  • 首都圏相談室オープン
    11月1日より、当相談所の首都圏相談室がオープンいたします。このホームページで紹介している「終活に関する相談全般」を受け付けます。また、高齢者や障がい者のためのバリアフリー工事も当相談室で直接施工します。なお、首都圏相談室の相談員はしらかみ終活相談所の理事長(土田浩次)が努めます。どうぞお気軽にご相談ください。
    ▷▷事務所詳細はこちらをご覧ください。
  • 能代市北包括支援センターセミナー
  • 今回のセミナー参加者は、能代市内でご苦労されているケアマネージャーさん向けのセミナーでした。コロナ感染対策として、会場ではソーシャルディスタンスを保ち20数名の参加。ほかはリモートで90数名の参加でした。ケアマネさんが担当する施設利用者の多くは、既に認知症を患っていらっしゃる方が多く、身寄りなき老後の対策として有効な方策が限られてしまうケースが大半を占めました。機会があればさらに「成年後見制度」と「生前委任契約」を併用した有効策を提案していきたいと考えています。

    相談所に寄せられる相談も、認知症が始まってしまった方とその家族からの相談が多く、是非、元気で判断力がしっかりしている間に相談に来られるようお願いいしたいと思っています。

  • ●問合せフォームをご利用いただけます。>>コチラ
    ●当相談所のパンフレット(PDF)をダウンロード。>>コチラ
    ●「私の終活ノート」販売(Amazon)。>>コチラ

しらかみ終活相談所の特徴


 当相談所の相談員は司法書士、行政書士、ファイナンシャルプランナーなどの各分野の専門家が担当いたします。インターネット上には多数の終活相談に対応する情報が多く見られますが、広い分野にわたる終活相談全体に対応できる企業は少ないようです。高齢者は行政の窓口で相談したり、司法書士、弁護士などあちこち足を運んで自分や家族の不安を解消したいと苦労されています。

 当相談所は、行政、士業との連携で作業を続けてきました。また、福祉関連の新制度に精通した専門家も正確な情報提供を行い、相談にのっていますので、高齢者が一カ所の相談所(ワンストップ型相談所)に出かければ、多くの不安は解消できるようになっています。

 初回相談を無料にしていますので、まずは気軽にご連絡ください。なお、相談についての詳細は《問合せ》のページをご覧下さい。

  • 相談所営業時間:土日曜日・祝日以外いつでも受付
  • テレワークを実施していますので、電話を頂いた場合、直接相談者に繋がる場合があります。